岩坪研究室の HPをご覧頂き有り難うございます。当研究室では,北陸に分布する植物をはじめとするわが国の植物(園芸・薬用の栽培植物を含む)を対象に,植物種内に染色体の分化した系統が存在するかどうか,存在する場合にはそれぞれの国内での分布とそれぞれの系統の生殖方法を調べております。ひとつの「種」として扱われている植物内の染色体の異なる系統の数を各染色体系統それぞれの分布地域,それらがどのような方法で増殖しているのかを明らかにすることは,植物種の保護対策や系統識別には欠かせない情報です。  そのためには,実験試薬(酢酸,塩酸,エタノール),カバーガラス,オルセイン試薬(粉末),論文校閲費と印刷費が必要です。研究費を研究室メンバー数で割ると一人当たり5万円程で行っております。論文発表のための論文校閲費と印刷費の費用は1報当たり1万−10万円が必要です。現在,研究費の減少により,研究成果の論文発表さえも支障をきたしております。

カバーガラスとオルセイン試薬(粉末)のご寄付のお願い
 カバーガラス( 18 × 18 mm)(使用済み可)やオルセイン試薬(粉末)がございましたら,ご寄付をお願い申しあげます。

論文出版のご支援のお願い
 論文の発表には,英文校閲費・印刷費が必要です。規程のページ数を越えた場合は,超過料金として1ページ当たり1万円が必要な雑誌もあり,これまで行ってきた植物の染色体研究の大量の情報の発表に支障を生じております。論文出版へのご支援を賜りました際には,論文の末尾ではございますが, Acknowledgements(謝辞)にお名前とご寄付を頂いた旨を記載いたします。ご希望によっては研究著者とさせて頂くこともございます。

 研究および発表へのご支援,ご寄付をお申し込み頂ける皆様は,下記のアドレスにご連絡を賜りますよう,お願い申しあげます。

 なお,特定の植物や特定の地域の植物の染色体の調査が条件となるご寄付の場合も,積極的に検討させて頂きます。

ご支援頂ける皆様には,身近に生育する植物を中心に,生涯をかけて染色体の情報を発信し続けることを約束致します。多額のご寄付を望むものではございません。年間30万円程もあれば,研究と発表を継続することができます。なにとぞご支援を賜りますようお願い申しあげます。

 

連絡先:〒930-8555 (〒930-0887)
富山県富山市五福3190
富山大学大学院理工学研究部(理学)

岩坪美兼

TEL: 076-445-6628(月〜金 8:30〜19:00)
E-Mail: iwatsubo(a)sci.u-toyama.ac.jp
(a)を@に置き換えてメールください